たばこ依存の改善薬

人の欲求にも様々なものがありますが、中でも身近で健康に関わるものとして、喫煙や飲酒があります。どちらも脳内のメカニズムとの関わりがあり、中毒状態になると常に一定量を保つ為に脳が求めて依存状態となるものです。

まずタバコの喫煙の既存物質はニコチンですが、ニコチンは、脳内のニューロンという組織に結合することで少量のドーパミンを放出します。ドーパミンが放出されると、心地よい、気持ち良いというような感覚になるので、それが自然と繰り返してしまいたくなるようです。

ですが、状況によっても煙草を必要とする場合もあります。例えば、会社の仲間が全員喫煙をしているという具合だと、自分だけ吸わないというのも中々意思の強さが必要となります。

そうした状況によって、自然とタバコを吸うようになってしまうということも有ると思います。結局は、生活環境や生活習慣によっても影響を受けるのではないでしょうか。

ですが、どうにかタバコを卒業したいと思っている場合は、それができていないというのは、依存症に陥っているからであり、脳がニコチンを求めている状態でもあります。こうした状況であれば、禁煙補助薬のチャンピックスなどを遣うことによって次第に煙草に対する欲求を抑えられるようになります。

チャンピックスの具体的なメカニズムは省略しますが、ニコチンの代わりにドーパミンに結合する物質を体内に取り込むことによって、次第にタバコそのものがなくても大丈夫な状態になってくるといったところでしょうか。

次第に煙草がまずくなるという感覚があり、ニコチン依存から改善され、タバコに対する欲求が抑えられるようになるとのことです。

ただし、脳内に働きかける薬は、使い方によっては副作用が強く出たり、精神を不安定にさせたいというような場合も有るので、この薬にはどのような副作用があるのかを十分に理解した上で使用するようにしなければいけないのかなと思います。

薬に助けを求めたい気持ちはわかりますが、それが結果として更なるトラブルを産んでしまってはなんのメリットもありません。