個人輸入の薬の信頼性

日本の正規品よりも安い海外のジェネリック医薬品を購入する場合、今では様々な代行業者があるので、それらを利用して購入することができますが、海外から日本へ持ってくるということで注意しなければいけないポイントもいくつかあります。

中でもその製品が本物であるという信頼は重要です。

正規品は流通ルートが決まっているので、それ以外のものであれば、偽物である可能性も高くなります。その辺を注意しなければ、実際に使用しているものが本物ではなかったということにもなりかねません。

100%本物であるということを確認する方法は、おそらくはないと思います。税関でチェックされていたり、定期的に成分検査を外部業者に委託して行っている輸入代行業者もありますが、それでも確実性はありません。

本物である可能性を高めるには、多くの人が利用していて情報も豊富なところに限るのかなと思います。

特に実際に製品を利用してレビューなどを書かれている場合も有るので、そういう情報が多ければ多いほど、信頼出来るということが言えるのではないでしょうか。

もちろん、長期間運営している輸入代行業者であればその分信頼は高くなると思いますが、いずれにしても個人輸入は薬の使用を自己責任で行わなくては行きません。もしも本物ではなかったとしても、それは全て利用者の責任となるのです。

実際のところは本当にあやしいような薬を使わない限りは安心だとは思いますが、いずれにしても、医薬品として用法用量が定められているものは、副作用が伴いますので使用に関しては十分に注意しなくてはいけません。