先発医薬品とジェネリック

どんな製品でも正規品というと、一定以上の品質が保証されているちゃんとした商品であり、その製造販売を行っている会社がしっかりと管理しているという印象があります。それに対してコピー用品というと、品質に欠陥があると感じてしまうものです。

しかし薬に関しては、少し違った印象があります。
薬における正規品というのは「先発医薬品」の事であり、製薬ブランドが研究開発を続けて生み出した製品であり、何らかの病気などを治療効果が認められているものです。

もちろん、この先発医薬品を利用するのが該当する病気を改善する上では最も確実な方法となるのも事実です。しかし、使用する上で躊躇してしまうことがあります。それが価格の問題です。

先発医薬品は研究開発に多額の費用と時間がかかっている事もあり、その費用を回収する為に薬の価格が高くなってしまいます。また、特許に守られていくということもあり、同じ働きをする薬が無い以上独占市場となるので、安くする必要もないものです。

ですがそれでは、その薬を必要とする人たちは大変です。
日本であれば健康保険で負担してもらうことができ、その分安く購入することができます。

ですが海外では、日本のような健康保険制度が無かったり、加入している人が少ないこともあり、こうした先発医薬品を使用し続けるというのは、生活に大きな負担となります。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

こういう時に薬を安く購入する方法として、ジェネリック医薬品を使用するというのが今では妥当な方法ではないでしょうか。ジェネリックには、後発医薬品という意味があり、先発医薬品を元に成分を分析し製造されたもので、ほぼ同様の治療効果を得ることができます。

また、研究開発費が少なくて済むということや、同じジェネリック同士で価格競争が生まれるので、先発医薬品と比較してもかなり安く購入することが可能です。その額は、場合によっては保険適用されて購入する金額よりも安くなることがあります。

ただし、先発医薬品の特許が切れていない以上は、ジェネリックの販売は許可されていないことが多いので、自分に必要だと思う薬の特許は、定期的にチェックしておくことが良いのだと思いました。

また、国によっては、特許に対する考え方の違いから、まだ特許が残っていてもジェネリックが市場に出回っていることもあります。その辺をうまく活用すれば、薬を安く購入する事も可能です。

価格を抑えてジェネリックを利用する上では、日本国内で承認されているものよりも、海外から個人輸入の形で入手することが出来るものが主流となっています。

今では、個人輸入を代行する会社も色々と増えているので、どんな薬が購入出来るのかというのもチェックしてみると、日本国内では先発医薬品しか取り扱われていないものも海外からジェネリックとして輸入出来るものもあります。