ED治療薬はシアリスが持続力で優位

国内で承認されているED治療薬の中でも、持続力の優れたシアリスが人気となっているようです。

今では、世界シェアの40パーセント以上も占めるようになりました。シアリス病気の治療というよりは、より充実したライフスタイルを実現するものです。

シアリスの有効成分タダラフィルには、PDE5という酵素の働きを抑えるところにあります。このPDE5という酵素は、陰茎内の血管を拡張するcGMPという物質を分解してしまう要因であり、それを未然に防ぐ事でEDの治療効果を発揮してくれるのです。

この働きは、平均して36時間にも渡って持続する事から、1錠の薬で十分に使用できるという満足度も利用者が増えている理由なのかもしれません。

他にも、アルコールなど食事の影響を受けにくい為、食事の状況に応じて薬が効かなくなったりする事も少ない点が利用しやすさに繋がっていると考えられます。ただし、グレープフループに含まれるフラノクマリン類は薬物相互作用を引き起こす成分なので服用と同時に摂取してはいけません。

薬物相互作用というのは、薬の成分を吸収させすぎてしまって副作用が強く出るなどの原因となる組み合わせの事なので、もしも使用する場合はこの辺りを注意しなくてはいけないようです。

まだED治療薬の利用を検討している段階だとしても、彼女や奥さんとの関係を良くする為、もしくは、最近元気がない彼氏や旦那さんに勧めてみるなど、もしもの場合には、一つの解決案としてシアリスを検討してみるのも良いかもしれませんが、同じタダラフィル製剤で価格の抑えられたものを探しているなら、ジェネリックを選ぶというのも一つの方法です。

ジェネリックでは、メガリスやタダシップ、タダラフィルなどが有りますが、どれもシアリスを購入するより安く手に入れる事が出来るのでお財布事情に合わせて選ぶ事が出来ます。